企業買収の仕組み

みなさんこんにちは!
今回は企業買収についてご紹介しようと思います。
企業買収をする理由はスピーディ会社規模の拡大などです。新しい事業をする場合などは自社で1からやっていくよりもすでに別の会社が作り上げた技術やノウハウを手に入れるほうが手っ取り早いです。

流れ

株主になる

株を購入することでその会社の株主になることができます。

株の過半数を買い取る

ある企業が他の企業を支配する目的で、発行済株式を過半数買い取る意味で使われます。
原則的には、過半数の株式を獲得すると「子会社化」ともいわれます。
通常、議決権を有する株式の過半数で、普通決議による決定事項(役員の選任など)を自由に決めることができるようになります。

友好的買収と敵対的買収

買収には、買収者と買収される会社の経営陣との合意に基づいた「友好的買収」と、買収のターゲットとなった会社の経営陣の意に沿わない買収者が、対象会社の株式を買い集める「敵対的買収」があります。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は企業買収の仕組みについてご紹介しました。目まぐるしく経営環境が変化する現代において、企業買収は、会社のスピーディーな事業展開と成長の布石のために、必要な投資です。しかし、買収の意思決定を失敗した結果、経営が傾くリスクも内包する諸刃の剣である、ということは念頭に置く必要があります
それではまたお会いしましょう。