知っておきたい年金保険

みなさんこんにちは!
今回は年金の仕組みについてご消化したいと思います。
それではさっそく行きましょう。

年金の種類

年金には大きく分けて基礎年金と厚生年金の2種類があります。今働いている現役世代が年金受給者のお金を負担しています。そのため、少子高齢化な影響を受けて負担の割合が変化していくのではないかと言われています。20~60歳未満の日本に住んでいる人が加入し、10年以上加入していれば65歳から年金がもらえます。満額受け取るには40年加入する必要があります。

基礎年金

全国民が加入する年金保険。金額はその年の物価などを考慮して算出され、毎月一定額を納付します。ちなみに2019年の納付額は月額約16000円です。

厚生年金

公務員・会社員が加入する年金保険。収入に一定の割合をかけたものを納付します。割合は約18%ですが、厚生年金は会社と折半するため個人の負担は9%程度になります。

その他の年金

基礎年金と厚生年金は対象者は納付義務があります。この他にも企業や個人で加入することのできる年金保険制度があります。ここでは確定拠出年金とiDeCo(イデコ)についてご紹介しようと思います。

確定拠出年金

iDeCo

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は年金保険についてご紹介しました。
それではまたお会いしましょう。